加古川フィルのこと of kakophil.com(加古川フィルハーモニー管弦楽団公式HP)

アマチュア・オーケストラ 加古川フィルハーモニー管弦楽団の公式HPへようこそ!

img02.jpg 1972年11月、「アンサンブル・トパーズ」として発足、79年に「加古川ユース・オーケストラ」と改称、ベートーヴェンの交響曲第9番を第1回定期演奏会に取り上げ、以後、毎年冬の定期演奏会や県交響楽祭、地域音楽団体の伴奏演奏などの着実な歩みを続けました。91年、楽器編成・参加年齢層や構成・地域の拡大に伴って「加古川フィルハーモニー」へと名称を変更、加古川の文化振興の一翼を担う市民オーケストラとして数々の活動を重ねてきました。

 この間、ギターの山崎繁、コントラバスの斎藤賢一、ピアノの小山るみ、津田安紀子、堤 聡子、ヴァイオリンの北浦洋子、金関環、嶽崎あき子、上田博司、チェロの長谷川陽子などの諸氏との共演も重ねています。87年秋には第4回加古川文化賞(現加古川市文化連盟賞)を、2000年秋には、第4回加古川市文化賞・加古川市制50周年特別文化賞をいただきました。

 創立以来続いている12月の定期演奏会に加え、89年の春から始まった清流加古川にちなむ「せせらぎコンサート」では、ご要望の多い映画音楽やミュージカル、ポップスナンバーを中心としたプログラムで、毎回1,000人を超えるお客様にご来場いただいています。その他、アンサンブル発表会や、数々の依頼演奏などに向け、会社員、公務員、主婦、学生など、幅広い層のメンバーが加古川・明石・高砂・神戸などから集まり、練習を重ねています。

 2012年創立40周年を迎え、なお一層の飛躍を目指して団の名称を「加古川フィルハーモニー管弦楽団」といたしました。団員は80名を超え、毎週日曜日の午前中に加古川総合文化センターで練習を行っています。
 ベビーシッター制度もあるためお子様連れの練習も可能で、練習場はいつもなごやかな雰囲気に包まれています。